新築住宅を建てて感じることについて

草津市に新築一戸建てを作ったのは子どもが中学生に上がるタイミングでした。それまでは親と同居で部屋数は足りていましたが手狭で水回りが共用だったので新築しました。こだわりのポイントは天然素材をなるべく多めに使った事です。玄関とリビングは天然木の床にしたので冬でも寒くありませんしお洒落に仕上がりました。リビングの壁は珪藻土を塗ってもらったので、においや湿度に対する調整効果が有ったり見た目も爽やかでおしゃれです。予算の都合上二階はフローリングになってしまいましたが、やはり天然木のほうがかなり魅力があるので、同じにしてもらえばよかったです。又、ロフトを作ったのですがほとんど使っていないですし、冬は冷気が入ってくるのでいらなかったかもしれません。窓の位置や大きさは住んでみてからもっとこうだったらよかったというのは結構あります。リビングの通りに面した窓は大きいものにしましたが、プライバシーもあるのでもう少し小さくすればよかったです。